海外医薬品は通販で HOME » AGA治療薬の特徴を比較

AGA治療薬の概要とプロペシア・ミノキシジル・ザガーロの比較

AGA治療薬とは

AGA治療薬とは、男性の頭髪にかかる問題である薄毛を改善し、治療する医薬品です。

AGAは日本語にすると男性型脱毛症のことで、男性ホルモンが影響し、成人男性の髪が薄くなる、髪が抜ける症状を指します。

AGAは主にひたい側の髪の生え際や頭頂部から起こり、放っておくことで徐々にその薄毛の面積は拡大します。

AGAの原因となる男性ホルモンを抑制し、血流を良くすることで発毛・育毛を促すのがAGA治療薬です。

薄毛は老化現象のひとつだから仕方ないと諦めることなく、適切な医薬品を使い、正しい方法で治療することが重要です。

代表的なAGA治療薬である、プロペシア、ミノキシジル、ザガーロの特徴を、効果や副作用の比較も交え以下に記載します。

プロペシア

プロペシア

プロペシアはメルク社が開発したAGA治療薬です。

有効成分はフィナステリドで、フィナステリドの含有量によって、プロペシア錠0.2mg、プロペシア錠1mgが販売されています。

海外医薬品は成分量の多い1mgのプロペシアが主流となっています。

プロペシアの効果・特徴

プロペシアには薄毛の進行を止める、あるいは遅滞させる効果があります。

AGAはジヒドロテストステロンという物質が特定の男性ホルモンと結合し、髪の成長を阻害することが原因で発症します。

プロペシアは薄毛の原因物質ともいえるジヒドロテストステロンを形成する5α還元酵素を抑制します。

このように説明するとわかりにくい面がありますが、要は薄毛の根幹に対して作用することでAGAを食い止めることができるようになるのです。

プロペシアを服用することで、髪の成長は正常化されます。

しかし服用後すぐに丈夫な髪になるわけではありません。

人間には髪の成長周期(=ヘアサイクル)があり、その周期によって成長と退行を繰り返します。

プロペシアはAGAによって崩れたヘアサイクルを正し、細く弱った髪を改善します。

プロペシアは抜けてしまった髪を新たに生やす発毛の効果は少ないものの、今ある髪を残し、更に強化する上では効果的なAGA治療薬です。

事実、プロペシアを服用した男性の9割以上が薄毛の改善、または残った髪を維持する効果があったと回答しています。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は以下の症例が報告されています。

性欲の減退、勃起不全(ED)、精子の減少、肝機能障害、めまい、抑うつなど。

主に男性の生殖機能に関する副作用が報告されています。

しかしこれらの副作用が発症する頻度は非常に低く、EDにいたってはその確率は1%未満です。

副作用以前に注意が必要なのは、プロペシアは成人男性のためのAGA治療薬なので、未成年者、女性の服用は禁止されているという点です。

女性は特に、妊娠中である場合、胎内の子供の生殖器に発育上の問題が出る可能性があるため、服用および接触は禁止です。

また、プロペシアの服用中は献血をしてはいけません。

これもプロペシア服用者の血液が妊娠中の女性に輸血されることを避けるためです。

当サイトではプロペシアの説明、効果、副作用など次のサイト等を参考にしています。

フィナステリド-wikipedia

医療用医薬品:フィナステリド

プロペシアのジェネリック

プロペシアのジェネリック医薬品は多数あり、どれもプロペシアと同じフィナステリドを成分としているので、薄毛の進行を遅滞・停止することができます。

AGA治療薬は継続して飲むことが必要なので、ジェネリックであれば金銭面の負担を減らすことができます。

プロペシアの代表的なジェネリックには以下の医薬品があります。

・フィンペシア

シプラ社製のプロペシアジェネリックで、1錠単価が安いこともあり人気があります。

・フィンカー

こちらもシプラ社製のプロペシアジェネリックですが、成分量が5mgと多いのが特徴です。

紹介した2商品以外にもプロペシアにはジェネリック医薬品があり、海外医薬品通販で購入することができます。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルは発毛効果のある成分で、頭皮に直接塗布するものと、服用し身体の内側から発毛を促進するものがあります。

頭皮に塗布するミノキシジルは日本では大正製薬のリアップが有名ですが、オリジナルはアメリカのロゲインになります。

内服するミノキシジルは錠剤になっており、ミノキシジルタブレット、通称ミノタブが海外通販で販売されています。

ミノキシジルの効果・特徴

ミノキシジルは血管をひろげ、毛乳頭細胞や毛母細胞という髪の成長にかかわる細胞を活性化させることで、発毛・育毛に効果を発揮します。

ミノキシジルはそもそも高血圧患者の血管を拡張することが目的の医薬品として開発されました。

しかし服用した患者の髪が生えたことから、発毛剤としての研究が開始され商品化されるに至りました。

AGAによって抜けてしまった髪を新しく生え変わらせるためには、ミノキシジルの使用が必要になります。

ミノキシジルだけでも効果はありますが、AGAの進行を抑えるプロペシアと併用することにより、更なる効果を得ることができます。

塗布タイプと内服タイプを比較すると、内服タイプのミノキシジルの方が効果が高いといわれていますが、日本ではまだ承認されていない関係で、購入できるのは海外医薬品の通販でのみとなります。

ミノキシジルの副作用

発毛に強力な効果があるミノキシジルですが、使用により以下の副作用が生じることがあります。

頭皮に塗るタイプのミノキシジルの場合、頭皮のかゆみや痛み、頭痛、むくみなど。

内服タイプのミノキシジルの場合、全身の多毛、めまい、動悸など。

副作用の発生には個人差がありますが、症状が重い場合は使用を控えてください。

ミノキシジルを頭皮に塗布する際は、決められた用量を守ってください。

大量に使えばその分髪が生えてくるということはありません。

内服タイプのミノキシジルタブレットは同じく血管をひろげる作用のある医薬品との併用は禁止されています。

ED治療薬と一緒に飲むことはできませんのでご注意ください。

当サイトではミノキシジルの説明、効果、副作用など次のサイト等を参考にしています。

ミノキシジル-wikipedia

ミノキシジルのジェネリック

ミノキシジル成分を配合したジェネリック医薬品には以下の商品があります。

・ツゲイン

シプラ社製のミノキシジルで、頭皮に塗るロゲインのジェネリックになります。

・ロニタブ

インタスファーマ社製のミノキシジルで、内服タイプであるミノキシジルタブレットのジェネリックです。

ミノキシジルについては、塗るタイプと飲むタイプ、どちらが自分に合っているか、また、効果や副作用も加味した上でどちらが欲しいかによって商品選定が異なります。

はじめてミノキシジルを使用する方はまずは塗るタイプから、既に塗るタイプを使っていて物足りなさを感じている方は飲むタイプに切り替えるという手もあります。

ザガーロ

ミノキシジル

ザガーロはグラクソ・スミスクライン社が開発したAGA治療薬です。

有効成分はデュタステリドで、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が販売されています。

ザガーロの成分デュタステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬アボルブの成分として日本国内でも認可されています。

海外医薬品ではアボルブやアボダートという名称がザガーロと同一のAGA治療薬となります。

ザガーロの効果・特徴

ザガーロはプロペシアと同様にAGAの進行を抑制する効果があります。

プロペシアと比較するとその効果は高いとされています。

その理由が、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの元となる5α還元酵素に対する働きです。

プロペシアは5α還元酵素のⅡ型にのみ効果があるのに対し、ザガーロは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型両方に効果があります。

この働きこそがザガーロの最大の特徴といえます。

またザガーロはAGAの進行を抑えるだけでなく、一部で発毛効果も確認されています。

プロペシアとの違いはこの発毛効果にあり、プロペシアからザガーロに乗り換える男性も増えてきています。

有効成分のデュタステリド自体は以前から承認されていましたが、AGA治療薬としてのザガーロが認可されたのは日本が韓国に次いで2番目になります。

このことから、ザガーロは最新のAGA治療薬と呼ばれています。

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用は以下の症例が報告されています。

性欲の減退、勃起不全(ED)、精子の減少、乳房の女性化、肝機能障害など。

これらの症状はプロペシアと同様に、男性の生殖機能に関わるものが主ですが、発生頻度はプロペシアよりも高くなります。

EDを例に挙げると、プロペシアが1%未満なのに対し、ザガーロは4.3%と報告されています。

ザガーロもまた、成人男性に向けたAGA治療薬です。

よって、未成年者や女性は服用が禁止されています。

この点もプロペシアと同じですが、献血については異なります。

プロペシアは服用中止から1ヶ月経てば献血することができますが、ザガーロは服用中止から6ヶ月を経過するまで献血することはできません。

これはザガーロの成分デュタステリドの特性で、服用を中止してからも血中に残る期間が長いことが理由です。

当サイトではザガーロの説明、効果、副作用など次のサイト等を参考にしています。

デュタステリド-wikipedia

医療用医薬品:ザガーロ

ザガーロのジェネリック

ザガーロには以下のジェネリック医薬品があります。

正確には、ザガーロの成分デュタステリドでつくられた医薬品となります。

成分が同一なのでAGAの治療効果はザガーロと同じです。

・デュタス

ドクターレディ社製のザガーロジェネリックで、デュタステリドの含有量は0.5mgです。

・デュプロスト

シプラ社製のザガーロジェネリックで、1錠72円からと安価にて購入することができます。

AGAの治療は継続することが重要です。

ジェネリックであれば金額を抑えることができるので、治療が継続しやすくなります。

海外医薬品の通販サイトではジェネリックも豊富にそろっていますのでぜひご活用ください。

AGA治療薬を購入する方法

AGAの治療は思い立ったらすぐおこなうことが望ましくあります。

薄毛の進行具合が軽度なうちに治療を開始すれば、それだけ早く髪は復活します。

AGAの治療に欠かせないAGA治療薬は、下記の方法で購入することができます。

病院で処方

AGAという言葉が認知されるに伴い、AGAを専門に扱うクリニックの軒数は増加しています。

AGA治療薬を購入する第1の方法として、クリニック・病院での処方があります。

クリニックには専門医がいますので、髪の状態や頭皮の状態をチェックしてもらえます。

中には治療前と治療後の変化がわかるように、あたまの様子を写真におさめるクリニックもあります。

これは改善の結果をわかりやすくするには良い手法ですが、撮られる側は不愉快な思いをすることがあります。

AGAはデリケートな病状なので、できることならば内密に治したいと願う男性は多いものです。

また、クリニックに通うには時間が必要となります。

時間をかけて通っても、簡単な問診とAGA治療薬の処方だけで終了することがほとんどです。

この通院にかかる時間というのは意外とネックとなっており、せっかく開始したAGA治療を途中でやめてしまう原因となることもあります。

日本国内のクリニックにおけるAGA治療薬の処方はすべて保険適用外です。

先発薬ともなると1錠の単価も高く、1ヶ月分に換算するとかなりの額になり、治療を継続するには相応の資金が必要となります。

時間とお金が充分にある人でないと、クリニックでの治療は難しいといえます。

通販で購入

自分がどの種類のAGA治療薬を使えば良いかわかっている方であれば、通販での購入が便利です。

AGA治療薬の種類といっても、分類は2つです。

薄毛の進行を抑制するプロペシア、ザガーロと、発毛を促すミノキシジルです。

単独での購入も、組み合わせての購入も自分の好きなように選ぶことができます。

医師の診察は不要なので、自分の頭の状態を誰かに見せることもありません。

注文は24時間受けつけられているので、時間帯を気にすることなく都合の良いときに注文することができます。

ただし、海外医薬品の通販は注文してから届くまでに日数を要します。

治療を継続するためにも、薬が途切れる期間がないように余裕を持って注文することが重要です。

通販でのAGA治療薬購入のメリットは、ジェネリック医薬品を取り扱っている点にもあります。

ジェネリックは先発薬の効果はそのままに、安い金額で購入が可能な医薬品です。

上手く活用することで出費を大幅に減らすこともできます。

AGA治療薬は服用・使用をやめてしまうと意味がなく、せっかく取り戻した髪がまたもとの状態に戻ってしまいます。

継続が必要な治療であるからこそ、時間とお金の節約が重要なポイントになります。